忍者ブログ
グループAKT.T+ぐるっぽ・ちょいす 『K・リア ~ヒメミコタチノオハナシ~』 作品創りの様子を綴っていきます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ9月に突入!
と、いうことで。今日は番外編をコーンウォール公爵役・紳士役の藤波大さんにお願いしま~す。

↓↓↓

さて本日は、なんと演出の青柳さんの御紹介です。

まずは質問から

1、シェイクスピア作品で一番好きな作品は?また演出でトライしてみたい作品は?

好きな作品は『ロミオとジュリエット』

昔、修行時代にワークショップ・パフォーマンスでこの作品に取り組んだとき、すでに結構な年になっていた私がジュリエットにトライしたいと言ったら、師匠曰く「青柳さん、あなたにはジュリエットはメモリーなんです」と言われ、痛く納得したのを今も思い出します。
結局そのシーンで私は、ジュリエットを見守る存在として彼女をランタンで照らしながら、そのセリフを代弁する役を演じました。
あ、そのあと一度乳母をやりましたね。どこをとっても楽しめる作品です。悲劇ですが。

トライしたい作品は…うーんいろいろあって悩むけど…『オテロ』…?

『オセロ』のオペラ版なんですけどね…ヴェルディ作曲です。
「柳の歌」というアリアが美しくてね~
いつか手掛けてみたい!

2、テンションをあげるお気に入りの曲は?

静かに闘志を燃やすなら、エリック・クラプトンの『Lonely Stranger』
深く、おおらかに立ち上がるなら、ホルスト作曲の組曲「惑星」より、『木星』
がっちり明るく、大空をあおいでポジティブになるなら、ジプシー・キングスが歌う『Volare』
 
3、何度も読み返した本は?

別役実童話集。特に「淋しいおさかな」が大好き!
高1の時に大好きだった先輩から教えてもらって以来、ずっと何度も読み返してます。

4、忘れられない夏の思い出は?

たぶん「今年の夏おこっていること」が一生忘れられない夏の思い出になると思う。
そんな予感がする。

5、稽古場にかかせない必需品は?

人は「品」じゃないけど、ポジティブで、オープンな仲間たち!!

青柳さんとは昨年に引き続き二度目ですが、その作品と役者に立ち向う壮大で奥深い姿勢の前に我々はただまな板の上の鯉になるしかなく、そうなるとやる側は時を忘れてしまいます。何より稽古場の空気を大切にし、全てを受け入れる安心感の中で余計なことをせずに本物で存在することが求められ密度の濃い時間が過ぎて行きます。

そうかと思うと演出自ら厳かなシーンの厳粛で張り詰めた空気の中「プシュ!」と鳴り響く炭酸水の音と「ナ~イス!」のお声。いやいや鍛えられます。

反面休憩中にはオホーツク海に浮かぶように休憩なさっているお姿から目が離せません。



今回なにより面白いのは青柳さんかも。
それに負けていられない役者陣の苦労は並大抵ではありません(笑)。


↑↑↑

演出家のキャラクターも手伝って、稽古場は毎日面白い発見の連続です。

ぜひぜひ、「青柳組2011年夏」のチャレンジを観にいらして下さい!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/12 サマンサ]
[08/19 あおさん]
[08/13 斎藤 嘉嗣]
最新記事
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]